タイミング

交通事故の示談交渉を弁護士に代行してもらうには、示談が始まる前に依頼しておかないといけません。弁護士に依頼すると高い費用がかかるイメージがあるため、なかなか相談に行けないかもしれませんが、初回は無料相談があるのでまずは相談だけでもしてみましょう。

無料相談原則弁護士は着手金を支払ってから、行動開始となりますが、今は初期の負担を軽減するために、相談だけでなく着手金も無料というところが増えています。最終的に弁護士に支払う報酬は、損害賠償請求して受け取った中から支払えるので、初期費用をかけずに弁護士に依頼することができます。

また早い段階で専門家のアドバイスも聞けるので、交渉がスムーズに進んだり、被害者に取って有利な内容になったりすることが多いです。無料相談だけでもアドバイスをもらえますし、相談してから依頼するかどうかを決められますので、無料相談でも役立つことは多いです。

無料相談以降は費用がかかりますが、弁護士が入ることでのメリットは多く、結果的に思っていたよりも多くの損害賠償を請求できるケースもあります示談が成立すれば解決までの時間も短縮されますし、仮に裁判になっても弁護士がついていれば心強いでしょう。