弁護士に依頼する

交通事故の被害者であるにも関わらず、加害者が誠意ある対応をしないとか、なかなか示談がまとまらず難航しているというような場合は、弁護士に依頼して、交渉を代行してもらうのがおすすめです。交通事故にもいろいろな種類がありますが、示談交渉で損害賠償を支払うと言っているのに、加害者が逃げてばかりで一向に慰謝料などが支払われないような場合、裁判をしていないと損害賠償を請求することができなくなる可能性があります。

損害賠償一応裁判外での場合、3年という損害賠償請求の時効がありますから、加害者が払うと言っても払わずに3年間逃げ続けていると、結局泣き寝入りをしなくてはいけません。このようなリスクを回避するためには、弁護士に入ってもらい裁判に持ち込むと、示談よりも多くの損害賠償を請求できますし、精神的な支えにもなってくれるので安心です。

自動車保険に加入する場合、弁護士特約のオプションをつけておけば、弁護士費用の一部を保険でまかなうことができます。保険会社により金額は異なりますが、弁護士費用のことを気にしなくて済むので、これから自動車保険に加入するなら、弁護士特約をつけておくことをおすすめします。手続きや交渉は全て弁護士が代行してくれます。