交通事故の示談とは?

交通事故で被害者になった場合も、加害者側と示談交渉をしなければいけません。示談交渉というのは、わかりやすく言うと和解に持ち込むための話し合いです。交通事故といっても加害者が100%悪い場合もあれば、被害者側の過失が多い場合もあります。こういう時は示談交渉で話し合いをして、裁判に持ち込まないようにするのです。

示談交渉しかし加害者の過失が100%だったにも関わらず、誠意ある謝罪や対応がされないこともあります。この場合示談交渉には応じず、裁判に持ち込むことができます。交通事故の被害に遭うというのは、人生の中でそう何度もあることではありませんから、示談交渉のプロを相手に素人では太刀打ちできませんから、十分な補償を受けないまま和解してしまうこともあります。

一度示談が成立し、示談書を作成すると後から納得がいかないから交渉し直しをしたいといっても通用しません。示談交渉は慎重さも必要なのです。何も知らないまま、相手の言う通りにしてしまうと後で後悔しても遅いですから、知識として持っておけばいざという時役に立つかもしれません。

知識があっても素人では交渉のプロにかないませんから、早い段階で弁護士を立てるのがいいと言われています。弁護士が介入することで、保険会社の担当者との交渉は弁護士が行いますので、相手のいいなりにならずに済みます。専門的な知識を持っているから、場合によっては相手が提示してきたよりも多くの損害賠償を請求することもできます。